メニュー

クリニックでの診療

なすのがはらクリニックでは、これまでの高橋貞夫院長の内科診療に加え、小児科専門医・アレルギー専門医2名、アレルギー専門看護師(アレルギーエデュケーター)による、アレルギー科、小児科診療をはじめます。

内科一般診療

 髙橋貞夫院長により、従来どおり内科一般疾患、消化器内科疾患の治療を行っていきます。

これまで、慢性疾患、かかりつけとして受診の皆様は、従来どおり継続して受診していただけます。

小児科一般診療

 一般小児科診療は、小児科専門医2名で診療を行います。

かぜ、発熱、咳、喘息発作、腹痛、下痢、便秘等、小児科疾患全般の診療を行います。

主なアレルギー疾患の治療方針

小児ぜんそく(ぜん息)

咳が出やすい、風邪をひくとぜいぜいするお子さんから吸入ステロイド薬をつかっていても発作をおこしてしまうお子さんまで、上手に薬をつかったり、日常生活を工夫することで症状がなくなるように治療をしていきます。

吸入薬の吸入のしかたの確認、呼吸機能検査、運動負荷試験などでぜん息の具合を診ていきます。アレルギー治療専門の看護師(アレルギーエデュケーター)がお手伝いをします。

 思春期・成人ぜんそく

ぜん息発作や調子が悪く、学校、部活、仕事に支障がでていませんか?

日常生活、学業、仕事を余裕をもってこなせるように自己管理、吸入ステロイド薬でコントロールしていきます。さらに、最先端の分子標的薬(保健適応)での治療もあります。

 

食物アレルギー

どの程度の食物アレルギーがあるかを食物経口負荷試験、血液検査で検査することで、必要最低限の食物除去になるように診断をします。食べられる量を知ることで、少しづつ食べていくことができるように食事療法を指導します。

症状が出てしまった時の家庭での緊急時対応としてアドレナリン自己注射(エピペン)の使い方をできるようになるまで練習します。

食物経口負荷試験は、日帰り入院で実施します。詳しくは食物経口負荷試験の項目をご覧ください。

 

 アトピー性皮膚炎

赤ちゃんの頬や体の湿疹、お子さんから大人の方で、なかなか良くならなかったり、よくなったり、悪くなったりを繰り返しているアトピー性皮膚炎では、スキンケアの具体的な方法、ステロイド外用薬等の適切な塗り方をていねいに説明し、お子さんでは、かゆみのない、ツルツルの皮膚を目指して治療をしていきます。

スキンケアの指導は、アレルギー専門看護師(アレルギーエデュケーター)がお手伝いします。

 スギ花粉症

スギ花粉によるアレルギー性鼻炎・結膜炎の治療は、第1段階が抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)の内服、点鼻、点眼です。症状が強ければ、ステロイド点鼻薬を併用します。

さらに、スギ花粉に対するアレルギー体質を根本的に改善しようとするのが、アレルゲン免疫療法です。アレルギー免疫療法の方法として、口の中(舌の下)にスギ花粉の錠剤を数分間置いておく治療が舌下免疫療法です。この方法は、世界的に最も進んだ治療です。

効果が期待できるまで2~3年以上かかり根気のいる治療ですが、効果が出てくると抗アレルギー薬、点鼻薬の使用を減らすことができます。

スギ花粉の舌下免疫療法は、「シダキュア」という錠剤を使用します。2019年は、5月中旬から開始できます。アレルギー科外来では初診で説明と血液検査を受けていただき、結果を見てからの開始となります。お気軽にご相談ください。

舌下免疫療法のできるアレルゲンは、現時点では、スギ花粉とダニアレルゲンです。ダニアレルゲンによる舌下免疫療法は、年間いつからでも開始できますのでご相談ください。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME