メニュー

食物アレルギー

食物アレルギー (作成中です)

食物アレルギーとは(定義)

私たちが、何かを食べたとき体に何らかの症状がでることがあります。これを体に好ましくない反応と呼びましょう。この体に好ましくない反応には、食物アレルギーも含めて大きく分けて4つあります。

体に好ましくない反応

1. 食中毒
2. 食物アレルギー
3. 食物不耐症
4. 薬理活性物質(仮性アレルギー)

食中毒は、食品に付着あるいは、食品内で増殖したウイルスや細菌、毒素が胃や腸から感染あるいはそこで増殖して下痢、嘔吐、発熱などの症状をおこす病気です。サルモネラ菌、、O157大腸菌、フグ毒などがあります。

食物不耐症の代表的なものは乳糖不耐症です。牛乳中に含まれている乳糖(牛乳の甘みになる二糖類です)を分解する消化酵素の量は、人種、年齢により異なります。このため乳糖分解酵素の少ない人は、牛乳を多く摂取すると消化できずに下痢をすることがあります。乳糖不耐所は、牛乳アレルギーとの鑑別が必要になることがあるので、乳児、小児では注意が必要です。

薬理活性物質は、食品中に含まれるヒスタミン、セロトニン、アセチルコリンなどが皮膚の痒み、発赤、刺激感、腹痛などをひきおこすものです。ほうれんそう、トマト、とうもろこしに含まれるヒスタミン、鮮度のおちた魚のヒスタミン、トマト、バナナ、キウイフルーツ、パイナップルのセロトニン、なす、トマト、タケノコ、里芋、ヤマトイモ、クワイのアセチルコリン、じゃがいも、トマトのニコチン、トマト、キュウリ、じゃがいも、イチゴ、リンゴのサリチル酸化合物によって皮膚のかゆみ、じんましん、刺激感、腹痛などが起こることがあります。

食物アレルギーは、食物がアレルゲンとなって免疫反応によって体に症状がでる病気です。食物を摂取してから症状が出るまでの時間で分類することが多いです。原因食物を摂取してから、おおよそ2時間以内に発症するのが、即時型アレルギー反応による食物アレルギーで、次のような症状があります。

即時型食物アレルギー

即時型食物アレルギーの症状
1.皮膚の症状   かゆみ、じんま疹、赤み
2.目の症状   結膜の充血、かゆみ、まぶたの腫れ
3.口、のどの症状   口・のどの中の違和感、いがいが感、舌・唇の腫れ

4.鼻の症状

  くしゃみ、鼻汁、鼻づまり
5.呼吸器の症状 声がかすれる、犬が吠えるような咳、のどが締め付けられる感じ、咳、息が苦しい、ゼーゼー・ヒューヒュする、低酸素血症
6.消化器の症状 腹痛、吐き気、嘔吐、下痢、
7.循環器の症状 頻脈、脈が触れにくい、脈が不規則、手足が冷たい、唇や爪が青白い、血圧低下
8.神経の症状 元気がない、ぐったり、意識がもうろう、不機嫌、尿や便を漏らす
9.アナフィラキシー 緊急性の高いアレルギー症状を含んで複数の臓器に症状がある状態
10。アナフィラキシーショック 血圧低下、意識障害がある状態

   ★:緊急性の高いアレルギー症状です。エピペンの適応です。

原因食物を摂取してから2時間以上してから症状がでる食物アレルギーには、食物アレルギーが関与する乳児アトピー性皮膚炎と新生児・乳児消化管アレルギーがあります。

食物アレルギーが関与する乳児アトピー性皮膚炎

 乳児のアトピー性皮膚炎では、原因食物を摂取してから数時間から半日ぐらいして湿疹が悪化する場合があります。食物との関連性を証明するのが容易ではない場合が多いので、疑わしいから除去をしておくというのはよくありません。また、アトピー性皮膚炎に食物アレルギーが関与していたとしても、そうでなくても、スキンケアと軟膏の塗布が適切におこなわれていないために皮疹が改善していない場合が多いので、まずは、スキンケアと軟膏塗布を徹底してから原因食物の特定をおこなっていくことが大切になります。そして、食物アレルギーがアトピー性皮膚炎に関与するのは、5歳ぐらいまでです。

新生児・乳児消化管アレルギー

新生児期早期から1歳までほとんどで、嘔吐、下痢、血便があり体重増加不良になることがあります。即時型食物アレルギーとは免疫の仕組みが異なり、IgE 抗体は陽性とならないことが多いです。原因食物アレルゲンとしては牛乳が多数を占めています。血液検査が診断の参考にならないため、症状と食物経口負荷試験で診断をします。

 

即時型食物アレルギーの診断

食物アレルギーの診断は、次のステップで進めていきます

Step 1 問診 アレルギー症状がでたときのことを詳しく伺います。いつ、どのような状況で、食べたもの、食べた量、どのくらいしてから症状がでたか、どのような症状がでたかを教えて下さい。

Step 2 検査 診断を補助する検査です。原因食物と結合する特異的IgE 抗体を証明するたもの血液検査と皮膚テストがあります。

Step 3 食物経口負荷試験 確定診断のための検査です。疑わしい食物を実際に食べてみてアレルギー症状が出るか調べる検査です。問診での明らかな症状と血液検査で診断できる場合は経口負荷試験を行わない場合もあります。

食物アレルギーの原因食物

即時型食物アレルギーをおこす原因食物は、年齢によって異なります。日本小児アレルギー学会食物アレルギー診療ガイドライン2012によれば、表のようになります。

  0歳 1歳 2-3歳 4-6歳 7-19歳 20歳以上
1位 鶏卵 鶏卵 鶏卵 鶏卵 甲殻類 甲殻類
2位 牛乳 牛乳 牛乳 牛乳 鶏卵 小麦
3位 小麦 小麦 小麦 甲殻類 ソバ 果物
4位   魚卵 ピーナツ 果物 小麦 魚類
5位     甲殻類 果物 ピーナツ 果物 ソバ

乳幼児期は、圧倒的に鶏卵(卵白)、牛乳、小麦のアレルギーが多く、学童期からは、甲殻類、ソバ、果物が増加します。年齢が高くなると、花粉・食物アレルギー症候群が増加するため、果物アレルギーが多くなってきます。

食物アレルギーのある人の頻度

食物アレルギーのある人は、圧倒的に乳幼児のお子さんです。0-1歳では7%前後(14人に一人の割合い)です(東京都の保育所での調査)。食物アレルギーは、年齢とともに自然に改善していくので、小学校入学までにおおよそ9割は改善します。しかし、その上の年齢(小中高校生)も、頻度としては、4.5%あります(文部科学省、平成25年度の調査)。

乳幼児期には、鶏卵、乳、小麦のアレルギーが多いですが、多くが自然治癒していきます。残念ながら、一部の人は、小学生、中学生でも残る人がいることも事実です。小学生以上で多いアレルギーである、甲殻類、ナッツ、ソバアレルギーは、成人でも多く、一旦アレルギーになると自然治癒しにくいアレルギーであると言えます。

 

即時型食物アレルギーには、上記の一般的な症状のでてくるタイプの他に、ちょっと変わった機序で症状がでるタイプがあります。口腔アレルギー症候群(花粉-食物アレルギー症候群)と食物依存性運動誘発アナフィラキシーの2つがあります。

口腔アレルギー症候群(略称:OAS)

食物を摂取した時に口の中だけで痒み、チクチク、違和感、耳の奥がかゆくなったりを感じる場合です。胃の消化酵素でアレルゲンが分解されるため全身症状は起こりにくくなっています。

多くは、ある種の花粉症に関連した果物、野菜などの摂取で口腔内症状を起こす場合に限って口腔アレルギー症候群と呼んでいます。これを特に花粉・食物アレルギー症候群と言います。ある種の花粉と果物、野菜の間には、アレルゲンの交差抗原性という性質があります。交差抗原性は、アレルゲンとなるタンパクのアミノ酸配列の一部が花粉と果物・野菜で同じであるためにおこります。

代表的な交差抗原性をしめす花粉は次の花粉があります。

花  粉 果 物 ・ 野 菜 など
カバノキ科 シラカンバ、ハンノキ、オオバヤシャブシ

バラ科(リンゴ、サクランボ、西洋ナシ、モモ、スモモ、アンズ、アーモンド)、セリ科(セロリ、ニンジン)、ナス科(ポテト)、マタタビ科(キウイ)、カバノキ科(ヘーゼルナッツ)、ウルシ科(マンゴ)、シシトウガラシ、など

ヒノキ科 スギ ナス科(トマト)
イネ科 ティモシーグラス(オオアワガエリ)、ライグラス(ホソムギ) ウリ科(メロン、スイカ)、ナス科(トマト、ポテト)、マタタビ科(キウイ)、ミカン科(オレンジ)、マメ科(ピーナツ)
キク科 ヨモギ セリ科(セロリ、ニンジン)、ウルシ科(マンゴ)、スパイス など
ブタクサ ウリ科(メロン、スイカ、カンタローブ、ズッキーニ、キュウリ、バショウ科(バナナ) など
スズカケノキ科 プラタナス

カバノキ科(ヘーゼルナッツ)、バラ科(リンゴ)、レタス、トウモロコシ、マメ科(ピーナツ、ヒヨコ豆)

食物依存性運動誘発アナフィラキシー

 

 

 

 

 

クリニックでの食物アレルギーの治療方針

基本的な方針は、日本小児アレルギー学会の食物アレルギー診療ガイドライン2016に準拠しています。

FA

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME